お知らせ
2017.7.13

平成29年度全県幼稚園教育課程研修講座の開催について
(新教育要領の説明会)

神奈川県県民局次世代育成部私学振興課より、下記のご案内がありましたのでお知らせいたします。

平成29年度全県幼稚園教育課程研修講座について
2017.6.8

幼稚園等での事故防止・安全管理について

5月26日に開催された神奈川県私立幼稚園連合会の定時総会の際に、神奈川県県民局私学振興課の内藤教育指導主任から、幼稚園等での事故防止や安全確保への配慮の大切さについてお話がありました。その概要をお伝えしますので、日常の安全点検等にご活用ください。

◇ 学校内の安全には、@まずは予防、A事故が起きた時の適切な対応、そして、B再発防止が肝要です。学校保健安全法や施行規則に「安全計画の策定義務」、「毎学期1回以上の安全点検」が書かれています。
◇ また、平成28年3月に出された内閣府のガイドラインには、重大事故の発生しやすい場面として、睡眠中、プール活動・水遊び、食事中を想定したものなどが示されていますので、今一度ご確認ください。
◇ 教員の資質向上も予防策のひとつです。アレルギーの研修の受講や心肺蘇生など事故後の対応についても確認しておいてください。
◇ 最近県に寄せられた保護者からのご心配をご紹介します。
・2階の窓近くに子どもが上れる箱が置かれていて転落が心配。
・アレルギーへの対応が心配。入園前の説明とも異なり、食事が不安。
・門が開けっ放しで誰でも入れる。
・大怪我をした後の119番対応等が不十分だった。
◇ どれだけ一生懸命子どもたちの面倒を見ていても、保護者の皆さんのご心配は尽きることはありません。なにか起こってから「○○しておけばよかった」と思うより、日頃の予防対策を十分に講じて、「○○したから事故が起きない」と言える方が幸せです。事故防止について、どうか一層の安全確保をお願いします。

<参考にしていただきたい資料>
・「教育・保育施設等における事故防止及び事故発生時の対応のためのガイドライン」内閣府
・「学校事故対応に関する指針」文部科学省
・幼稚園プール安全管理ガイドライン 神奈川県私立幼稚園連合会
・学校における転落事故防止のために 文部科学省